SCP-1683-JP -宙ぶらりんのジョーン・ドウ

評価:+ 16+x

SCP-1683-JP.jpg

SCP-1683-JP内部風景

アイテム番号: SCP-1683-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1683-JPの周辺半径500mの領域は財団フロント企業により買収され、機動部隊によって警備が行われます。現時点では地質学的探索の名目の偽装のもと、民間人の立ち入りは禁止されています。

SCP-1683-JPに侵入する場合、上下左右の反転を矯正したコンタクトレンズの装着が義務付けられています。また、同オブジェクト内での長時間の滞在は帰還時への影響を考慮し、推奨されません。

説明: SCP-1683-JPは後述する人型実体(SCP-1683-JP-1)を中心に発生していると推測される、シンガポールのラッフルズプレイスに存在する時空間異常です。この時空間異常はおよそ直径5kmの球状で存在しており、外面上は地理上に存在しているビル街との相違点は確認されていません。SCP-1683-JPの認識はこの範囲内に侵入する事で可能となります。

SCP-1683-JPの範囲内に侵入した場合、対象者は感覚機能の反転を同時に認識します。これにより、当該オブジェクトは認識上、上下左右の反転した風景である時空間となります。この影響はSCP-1683-JP内部を撮影した映像記録、並びに写真にも適応されます。

SCP-1683-JP-1は球範囲の中心点に存在する、頭部を下方とした起立状態で浮遊している意思疎通が可能なコーカソイド系の男性実体です。外見的特徴からの身元調査において、有用な結果は得られていません。球範囲内で計測可能であるHm値が1~2であるのに対し、男性実体付近では5 4~6を記録可能であることから、SCP-1683-JP-1は現実改変能力を有しており、それがこの時空間の発生の起因であると推測がなされています。

発見経緯: 2018/09/20にSCP-1683-JPが現在存在している地点において瞬間的なHm値の上昇、並びに通常値への低下が確認されました。そのため、財団の情報管理部門による調査が実施され、SCP-1683-JPが発見されました。その後、調査は情報管理部門から時空間部門へと引き継ぎが行われ、現在、当該オブジェクトは同部門内の調査チームイプシロン1によって担当、管理が行われています。

以下の記録は主としてチームイプシロンによって行われたインタビュー記録です。財団側のインタビュアーは定期的に変更されている点に留意してください。

補遺: 以下は直近のインタビュー記録です。現在、SCP-1683-JP-1の精神状態は安定していません。そのため、カウンセラーを用いた療養的な対話が試みられています。

インタビュー対象: SCP-1683-JP-1

インタビュアー: 勝浦博士

<記録開始>

<省略>

勝浦博士: SCP-1683-JP-1。先ほどから沈黙してばかりですが、どうかいたしましたか?

SCP-1683-JP-1: 気づいてたのか。

勝浦博士: 何にでしょうか。

SCP-1683-JP-1: ああ、クソ、死にたくない。殺さないでくれ。何かないのか。なんで何もしてくれなかったんだ。

勝浦博士: SCP-1683-JP-1?

SCP-1683-JP-1: [罵倒]、[罵倒]、[罵倒]。

勝浦博士: 落ち着いてください。

SCP-1683-JP-1: 落ち着いていられるか? なあ、あんたは目の前に回避できそうもない、とてつもない力が迫っているとして、どうして正気でいられる?

勝浦博士: 発言の意図が理解できません。

SCP-1683-JP-1: あと数cmの距離に迫ったそれを、あんたは直視できるのか? あんた、いくつだ?

勝浦博士: ██ですが。

SCP-1683-JP-1: そうか、あと半分だ。俺に迫ったそれをあんたが感じ取るまで、あと半分くらいだな。だがあっと言う間だ。きっといずれ理解する。

勝浦博士: 発言の説明を求めます。

SCP-1683-JP-1: あんたが羨ましくて仕方ないよ。

勝浦博士: SCP-1683-JP-1。

SCP-1683-JP-1: ああ、死にたくない、死にたくない、死にたくない……[同一ワードを繰り返し呟く]

勝浦博士: ……聴取を終了します。

SCP-1683-JP-1: 死にたくない、死にたくない、死にたくない、死にたい。

<記録終了>

SCP-1683-JP-1の発言を受け、インタビュー後に調査を行ったところ、SCP-1683-JP-1のHm値がごく微量ながら低下し、1日に0.00█mmずつ落下(上昇)している事が判明しました。現在、一時的な措置としてSCP-1683-JP-1の直下(直上)を掘削する事による遅延作戦の協議が行われていますが、オブジェクトそのものへの破壊行為、異常性の変質のリスク、Hm値の低下に対しての根本的な解決が求められない等の意見の面から協議は現在も継続中です。

  • euclid
  • scp-jp
  • 人間型
  • 国外収容
  • 感覚
  • 時空間
  • 知性
  • 神経
  • 自我
  • 視覚

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 License